格安SIMとは?これまでの歴史と概要を分かりやすく解説

「格安SIMってなに?」

「なんでドコモより安いの?」

「安いぶん、つながりにくいんじゃないの?」

格安SIM・格安スマホと聞くと『質の悪い、怪しい電話会社』というイメージを持つ方が多いですね。

私もかつて、格安SIM=安かろう悪かろうの通信業者、という印象を持っていました。

しかし、格安SIM誕生から数年経ち、ようやく『価格が安くて質も良い』業者を安心して選べるようになってきました。

安いだけの悪質な格安SIM業者は悪名が知れ渡り、事業撤退したのです。

そして、SIMを発行する会社が増えたことにより価格の競争力も生まれ、スマホ代の料金プランにも幅が出てきました。

『安い・速い・使い勝手が良い』という優秀なモバイル業者も誕生しています。

今では、格安SIMはスマホ代を節約したい人にとって、良い選択肢になりつつあります。

月8000円だったスマホ代を、一気に月2000円~3000円に節約できるので、節約効果は抜群です。

「でも、格安SIMってなんか不安…」

という人に向けて、今回は格安SIMの簡単な歴史と、概要を説明します。

格安SIMはなぜ生まれたの?誕生までの話

携帯電話の会社というと「ドコモ・AU・ソフトバンク」いわゆる3大キャリアと呼ばれる通信業者がメインでした。

携帯電話は通信インフラですので、電力会社やガス会社と同じくらい新規参入が難しい業界です。

そのため、3社による独占が続き、価格が高止まりしたまま3社横並び…という問題がありました。

「スマホ代、月8000円かぁ。高いけど、3社とも同じ値段だし、しょうがないよね」

こんな風に、消費者には選択肢が無かったので、スマホ代が7000円~8000円になっても我慢していました。

格安SIMは政府の命令から始まった

そこで総務省が『独占は禁止すべき』と声を上げました。

3大キャリアに対し、新たに通信業界でモバイル業務をやりたい業者が現れたら、自社の回線を分けてあげるよう指示したのです。

そして誕生したのが格安SIM会社です。

回線を3キャリから借りる事が出来るので、一番コストが重く、参入障壁になっていたインフラ整備の問題が一気に解決。

「これは商売のチャンス!」とばかりに、様々な会社が乱立しました。

各社、3大キャリアよりも安い値段を提示して、キャリアからユーザーを引っ張ろうと営業努力を始めたのです。

結果、今まで独占されていた市場が開放され、ようやく携帯代にも価格競争が起き始めました。

世はまさにモバイル戦国時代…といった所でしょう。

補足1:なぜ格安SIMは安いの?

格安SIMを扱う業者は、3大キャリアのように店舗を持たず、インターネット通販でのみ販売を行いました。

店舗代がかからない分、コストを下げて価格を安くする手法を取ったのです。

さらに、サポートも電話かメール、チャットのみにすることで人件費を節約。結果として、3大キャリアには出来ない激安価格を提供できるようになったのです。

3キャリは全国に店舗があり、手厚いサポートがある分、そのコストもユーザーが負担しなければいけません。

このコストの差が、3大キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)と格安SIMの価格差になっているのです。

補足2:SIMって何?

SIMとは、スマホに入っている小さなカードの事を指します。ナノサイズと呼ばれる、非常に小さいサイズが主流のため、失くしやすいので注意が必要です。

▼ SIMの画像(ナノサイズ)

スマホの側面にSIMを入れる場所があります。専用ピンやクリップなどの細い棒で押さないと、SIMカバーは外れないようになっています。

このSIMカードに電話番号や通信をするための情報が詰まっており、これを入れ替える事で通信業者を変える事が出来ます。

画像のSIMはロゴを見て分かる通り、ドコモのSIMです。

補足はこれくらいにして、話を本筋に戻します。

格安SIMの登場で、一気にスマホを安く使えるようになりました。

しかし、格安SIMによる価格競争は思わぬ副作用を引き起こしてしまいます。

格安SIMの回線がパンク!遅いし不安定になる業者が増えた

価格競争の結果、回線が遅くなったり、ユーザーを増やしすぎてパンクするという業者が出てきました。

格安SIMに参入した会社の中には、資本が少なく、増え続ける回線の負荷と、その対応に追いつかず夜逃げのように撤退する会社も出てきます。

撤退したのはFREETEL(フリーテル)という格安SIM業者です。

参考:譲渡前から始まっていた負のサイクル、FREETEL元運営会社が破綻

人材もお金も豊富な大企業に比べて、夜逃げしたSIM会社は中小企業だったので、耐えきれなかったのでしょう。

格安SIMの繋がりやすさ・通信エリアについて詳しく知りたい方は、下記の記事をどうぞ。

・格安SIM・格安スマホのつながりやすさを解説!田舎でもつながる?通信エリアは狭くなるの?

やっぱり格安SIMは『安かろう、悪かろう』だな。

サポートも弱い、通信も遅い、あげくに倒産するようじゃ値段が安くても変えたくないね。

こういった声も大きくなり「結局、高くてもドコモが一番安心だ」という話になりました。

しかし、こういった悪質な業者が撤退していき、ようやく良質な業者が出揃いました。

大手ブランドが運営する格安SIMが登場

  • 倒産のリスクがない
  • 通信速度が速い
  • 安定している

この3点をしっかり踏まえた良質な格安SIMは、下記の2社です。

1:AUのサブブランドである『UQモバイル』

・UQモバイル 公式サイト

UQモバイルのレビューはこちら↓

・UQモバイルの総合レビュー。メリット・デメリットを解説します

2:LINEを運営するLINE社が提供する『LINEモバイル』

・LINEモバイル 公式サイト

LINEモバイルのレビューはこちら↓

・LINEモバイルの総合レビュー。メリット・デメリットを他社と比べて解説します

残念ながら、他の格安SIMは通信が遅かったり、使い勝手が悪く選択肢に入りません。

私はドコモ歴が長いので、ドコモと各社の格安SIMを徹底比較しましたが「これだったらドコモの方がマシだ」というSIMばかりでした。

そんな中、上記2社の格安SIMだけがドコモに勝てるポテンシャルを秘めていました。

運営している会社もAU(KDDI)とLINE社ですから、どちらも通信大手で信頼性はバッチリです。

当サイトではUQモバイルとLINEモバイルの2社を比較します

当サイトでは、UQモバイルとLINEモバイルの2社に絞って、どれが一番お得なのか解説していきます。

残念ながら、他に「おすすめ!」と自信を持って推薦できる格安SIMはありません。

もちろん私の知識に基づいた体験談なので、他社が必ずしも悪いという訳ではありません。

当サイトでは私が調べた格安SIMの料金体系や使い勝手を、初心者の方でも分かるように解説していますので、それを読んで判断して頂ければと思います。

 

コメント