違約金がキツくて格安SIMに乗り換えられない人へ。違約金は1年で回収できますよ。

ドコモ・AU・ソフトバンクから格安SIMに乗り換えようとするにあたって、一番のネックになるのが違約金の存在です。

3大キャリアは「2年縛り」という2年契約を基本としており、途中で抜けると9500円(税抜)の違約金が発生します。

さらにスマホ本体を割引できる『月々サポート』を併用している場合、解約した時点で残りの代金(残債)を支払わなければいけません。

格安SIMの乗り換え時にかかる違約金は、合計で『3万円前後』になる事が多いです。
(違約金1万円+スマホ本体の残債2万円)

3万円の出費!? ちょっとキツいな…

格安のアンドロイドスマホだったり、月々サポートを1年以上続けていて、本体の残債が少なければ乗り換えの負担はもっと小さく済みます。

しかし、iPhoneの最新機種になると本体代が10万円前後になるので、どうしても解約時に2万円前後の負担が発生してしまいます。

分割払いでスマホ本体を購入した人にとって、一括3万円の出費は手痛いですよね。

月々のスマホ代が安くなるのは嬉しいけど、乗り換えに3万円もかかるなら、ドコモのままでいいや…

と諦める人は本当に多いです。

しかし、よく考えてみて下さい。

格安SIMにすると、月3000円、スマホ代が安くなります。

LINEモバイル(3GBプラン):月1,690円

ドコモ(3GBプラン):月5,300円

= 格安SIMに乗り換えで月3,610円の節約になる

参考:LINEモバイルの総合レビュー。メリット・デメリットを他社と比べて解説します

つまり違約金を払っても、そこから1年間使えば違約金がチャラになります。

その後は、格安SIMの節約分だけお得になります。

今回は格安SIMに乗り換えたいけど、違約金で悩んでいる…という人に向けて、

・違約金でいくら損をするのか?
・何ヶ月使えば得になるのか?

という点について解説します。

長期で見ると違約金を払っても格安SIMがお得

短期で考えると、確かに3万円の出費は痛いです。

しかし、1年以上のスパンで考えると格安SIMの方がお得なのです。格安SIMに乗り換えると、月3000円、年3万6000円の節約になります。

3年で約10万円もお得になるんですよ。

最初に3万円払うだけで、3年後に10万円貰えると考えてみて下さい。かなりお得ですよね。

でも、通信速度が遅かったり、つながらなかったりするのでは?

と不安に思う人もいますが、そんな事はありません。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

・格安SIM・格安スマホのつながりやすさを解説!田舎でもつながる?通信エリアは狭くなるの?

格安SIMの成り立ちや歴史を見れば「怪しいサービス」でない事も分かりますね。

・格安SIMとは?これまでの歴史と概要を分かりやすく解説

UQモバイルのマンスリー割を活用すれば、さらにお得!

さらに、UQモバイルのマンスリー割を使ってiPhoneSE/6sを安く手に入れれば、さらにお得です。

手に入れた新品のiPhoneをメルカリで転売すれば、1万5000円前後の利益が手に入るので、違約金の負担を減らす事が出来ます。

マンスリー割について、詳しくはこちら。

・UQモバイルのマンスリー割の仕組みを解説。100円で最新スマホが買える超お得な制度です

違約金の脅しは罠!冷静にどちらが得か考えよう

乗り換えをすると、違約金とスマホ本体の残債で3万円かかりますよ?

という脅しは、3大キャリアの常套手段。2年縛り&端末サポートは、格安SIMへ流さないための策略なのです。

しかし、冷静に計算をしてみれば、たった1年使うだけで格安SIMの方がお得である事が分かりますね。

違約金がかかるぞ!というのは、3大キャリアが客離れを止めるための作戦です。多くの人は「え? 違約金? 損したくないから、やめよう!」と考え直すのです。

こういった罠に引っかからないよう、違約金を支払っても何ヶ月で回収できるのか、冷静に比較して一番得なプランを選びましょう。

 

コメント